シフト制でプライベートを充実

平日休みは実は利点がたくさん

シフト制での勤務の場合、休日がカレンダー通りではないことがあります。土日祝日が休みではなく出勤だと、友人や家族と過ごす時間が減るのではないかと心配になる人もいるようです。ですが、実は休日が平日というのは利点がたくさんあります。例えば、役所や病院等に行きやすいということがあげられます。休日は役所や病院も休みのことが多いです。平日が休みだと、わざわざ仕事を休まなくてもこれらのところに行くことができます。次に、一人で過ごす時間を確保できます。周りの人と休暇が合わないということは一見ネガティブに見えますがポジティブな面もあります。自分だけの時間をたっぷりとれるので、ゆっくり体を休めたり、新しい趣味に挑戦したりできますよ。

固定されない予定のおかげでプライベートが充実

シフト制の場合、月によって休日や勤務時間が変わることも多いでしょう。予定が固定化されないことで実はプライベートを充実させやすくなります。勤務時間や休日が固定化されていると、習い事などは決まった予定しか入れられません。固定化されていると楽そうに見えますが、実は窮屈なこともあるのです。休日をアクティブに刺激的に過ごしたいと思っても、単調な生活になりがちです。その点、シフト制であれば、今月はこれをして来月はあれをして、という風にその時の気分に合わせて様々な趣味にチャレンジすることができますよ。時間も様々なので、午前中が空いているときは早朝ランニング、午後が空いているときはゆっくりカフェに行くなど、様々な楽しみ方ができます。

Back to top